お知らせブログ

データはそのままでiOSをダウングレードする方法とは

【データを消さずにiOSをダウングレードする方法】

 

 

今回はタイトルの通り、iOSのバージョンを下げる手順の解説です。

 

 

 

・ダウングレードって?

 

 

まずダウングレードとは何かという話からです。

そんなの知ってるよ!って人は飛ばしちゃってください。

 

 

こういった用語は案外間違って使いがちです

私も専門家ではないのでもしかしたら細かいニュアンスは違うのかもしれません

 

 

ダウングレード旧式のバージョンに戻すものだと思ってください。

じゃあ逆はアップグレード?ってなりますよね

 

 

iPhoneの場合は、アップデートです。

誤った情報を伝えることはできないので軽く調べさせていただきましたが

ソフトウェアを新しいバージョンに更新することはアップデートと言います。

重要なのは更新ってところ

 

 

アップグレードと言ってもある程度通じるとは思いますが、知ってる人には笑われちゃいますよ!

 

 

じゃあアップグレードは?って話ですが

ハードウェア/ソフトウェアを拡張し、新機能などが実現された場合などに、使われます。

って書いてありました。

 

 

あまり違いはないように思えますが…

iOSを更新した結果、新機能が追加されることもあるのでどっちでもいいのかもしれませんね

ゲームなどをされる方はアップデートの方が馴染み深いとは思います。

 

 

ここまでくるとそう!ダウンデートは?

 

 

調べた感じダウンデートという単語は存在しない、もしくは使われていないものだと思います。

似たような言葉でデグレードという単語がありますが、これもダウングレードとほぼ同じなのでとてもややこしいです。

 

 

今回、私のiPhoneのバージョンを下げましたがこれはダウングレードです。

例えば、突然バージョンが下がってしまったならデグレードとなるそうです。

意図的に下げたかそうでないかの違いです。

 

 

ちなみにアップロードとダウンロードは全くの別物なので本当に笑われますよ!

長くなるので説明は割愛します。

 

 

 

・ダウングレードする意味とは

 

 

 

 

 

iOSに限らず、ソフトウェアを更新すると不具合等が出る場合があります。

これがまたそんなに珍しいことではないので覚えておきましょう。

 

 

iOSで言えばiOS12がリリースされた時は、不具合が30個以上報告されています。

中には通信できなくなる症状もあったのでアップデートは様子を見ることをオススメしてます

 

 

こんな不具合が出るなら前のバージョンでいいじゃん!といった場合や

この新機能使いづらい!といったときにダウングレードすることが多いです。

 

 

iOS11→12といった更新の場合、少し様子を見るようにしましょう

iPhoneからはしつこくアップデートを求められますが気にせず無視しても大丈夫

12→12.1という場合は細かい不具合の修正だったりするので、更新してもいいとは思います。

 

 

一番はアップデートの内容をチェックすることですが、何のことかさっぱり分からない人も多いでしょう

 

 

 

・ダウングレードをしてみよう

 

 

 

 

 

長くなってしまい申し訳ありません。

本題のダウングレードの方法ですが、PCiTunesが必要になるので用意してください。

PCがない方は、知人などに借りましょう!公共の施設のパソコン等はあまりオススメできません。

 

 

やり方はめちゃくちゃ簡単!ただ時間がかかります。

まず旧バージョンのファイルをダウンロードしなくてはいけないんですが、容量がそこそこあるので時間がかかるわけです。

 

 

※注意点として旧バージョンなら何でもダウングレードできるわけでもないので要注意です

 

 

基本的には一つ前のバージョンにしか戻せません。

Appleが署名を停止しているものにはダウングレードできないんです。

基本的に最新バージョンがリリースされてから2週間程度で署名が停止されるので気をつけましょう。

 

 

今回は12.1.3→12.1.2へのダウングレードです。

 

 

 

 

ダウングレード前がこちら

一番下に12.1.3と現在のバージョンが記載されています。

 

 

最初にiPhoneを探すをオフにしましょう。

設定アプリ→パスワードとアカウント→iCloud→iPhoneを探すからオフにできます。

 

 

次にパソコンでダウングレードしたいバージョンのファイルを用意します。

こちらのサイトから対応してるものをダウンロードしてください。

 

 

PCとiPhoneを繋ぎ、iTunesを立ち上げます。

以前バックアップの取り方の記事で説明させていただいてるので

下の画像の画面にたどり着けない方はコチラを参照してください

 

 

 

 

今回に限らず、データを弄る以上バックアップは取るようにしましょう。

これは癖づけた方がいいです

 

 

黄色の枠で囲ってあるところをWindowsの方はShiftキーMacの方はoptionキーを押しながらクリック

 

 

 

 

 

するとWindowsの場合はこういう画面が出てくるので

先程ダウンロードしたiOSのファイルを開きます。

 

 

 

 

ダウングレードしたいバージョンになっているか確認して更新しましょう

後は勝手にアイフォンが更新されていきます。

 

 

 

 

無事ダウングレードできました。

やったことは更新と変わらないのでデータが消えません。

 

 

更新時間は画像を見てもらえれば分かると思いますが20分ほどでした

バージョン等によって左右されるので時間に余裕があるときにやりましょうね

 

 

ちなみにAppleはダウングレードを推奨していません。

ダウングレードできないんだけど!とアップルに問い合わせても対応してもらえないので注意しましょう

 

 

 

★iPhone修理はお任せください!スマートクール彦根店 ★

SNSはこちらLINE Twitter Instagram Facebook

 

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら